FC2ブログ
2018.09.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2018.11.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
「百色眼鏡」鑑賞感想
今日はアラシゴトはお休みですよー
こんなの久し振りだ

日曜日に100YENレンタル出来たので、いつもお世話になってるTSUTAYAさんで
百色眼鏡」と
賣笑エクスタシー
借りてきました。
(『賣笑エクスタシー』の読みは『ばいしょうえくすたしー』でいいのかしら)
で、余裕が出来たので今日「百色眼鏡」だけ見ました。

てかこれね、ずっと見よう見ようと思いながらずっと見てなかったっていう作品でですね。
姉(ラーメンズファン)が前に見てて、「ストーリーの意味があんま分かんない」とか言ってたり、
amazonとかその他諸々のレビューでもそんな評価は高い気がしなかったので、どうなのかなぁーとか思ってたんですけどね。
椎名林檎と小林賢太郎に惹かれて借りてきてしまいました
いいのいいの、takopaさんは林檎さんもコバケンさんもケンコバさんも(最後の人関係ないけど)大好きですから。
映像綺麗だったらいいなーとか、音楽が素敵になってたらいいなーとかそんなことだけ期待して見せて戴きました。

それでは続きで感想を書こうかしら。
一応反転させておきますが、見てない方でこれから見る気がちょっとでもお在りな方はこの先はストップで御願いします。
ネタバレは免れませんので。


では続きからどうぞー


・・・すいません、
私これで号泣しました


なんか、いい意味で期待を裏切られましたね。
これは私の勝手なモノの見方だけでの発言なんですけど、
林檎さんの作品とか言ったから、これも恐怖系かエロ系だと思ってたんですよ。
もうホントごめんなさい。


だって、まず劇中の「おだいじに」は反則ですよ。
あのほのぼのした感じ、「おだいじに」の世界観にマッチしちゃってるじゃないですか。
素敵。あれ素敵。
だってウチただCDで「おだいじに」聴いただけでウルッと来ますもん


そして最後のほうの、名前がどうとか言うところ。
「お名前はあなたが決めてくださいませ」とかってところ。(ああちゃんと思い出せんorz)
そこで気付いたらヒクヒク言いながら泣いてました。
なんだろう、うまく言葉で言い表す自信が無いんですけど。
「あなたが見ているのが本当の私の顔で、あなたが聞いているのが私の本当の声で、あなたが呼んでいるのが私の本当の名前なのです。
だから私の本当の名前はあなたがお決め下さいませ。」
自分は確かに自分なんだけど、それを証明する他者がいないと自分の存在が成り立たないわけじゃないですか。
だからその存在を知るあなたが決めてくださったのが本当の私ですよみたいな。
なんだろう、本当に言葉じゃ表現できない感覚的なものをこの作品からは受け取ったんですけど。
このシーンからはすごく大きな「愛」のような、いや愛じゃないか、なんだろう、言葉じゃ表現できないなこれ!
なんか実体験やらなんやらが折り重なってすごい感極まってしまいましたよ私は。


でも人の感性は実に様々なもので。
これがあまりお好きじゃない方もいらっしゃるんだろうなーと思ったりしました。
なので「皆見て!」っていう風には言いません。見たかったら見たらいいって感じ。
でもこれは私にはジャストフィットでしたって話だけです。


てかコバケンさん素敵ですね。和服がよく似合う。
あんな人がライブで頭チリチリな人とバニーボーイだのなんだのしちゃうなんてねー(バニーボーイは彼だけですが)
嬉しいようななんやら。でもバニーボーイは面白いのでオッケーです!
ホントに彼は「鼻兎」にそっくりですよね。鼻兎読みたくなってきた!姉から借りよう

そして背を向けて座ってる林檎さんが若干怖かったです。
なんだろう、あれも計算なのかしら。
多分計算なんだろうな。
そしてやっぱり和服は着崩してもそうでなくても色白の方のほうがよく似合う。
やっぱり変な若い奴が小麦色の肌で変な着崩し方して浴衣だのなんだの着てるのとは訳が違いますよ。
やっぱ林檎さんには和服が似合うと思いました。「だらり帯」かっこよかったです。

そして小雪さんは思ったより目がクリッとしてて大きかったですね(ΦωΦ)
スポンサーサイト
2006.11.09 (Thu) 22:15
COMMENT
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
TRACKBACK
TRACKBACK URL
自らの内的風景を濃密に描いた椎名林檎の3rdアルバム『加爾基 精液 栗ノ花(カルキ・ザーメン・クリノハナ』の世界観を映像として表現した短編映画。大正から昭和初期の時代を舞台にした本作では、謎めいた影を持つ舞台女優・葛城楓(小雪)と彼女の身元調査を依頼され
1-kakaku.com 2006.11.18 Sat 11:14
自らの内的風景を濃密に描いた椎名林檎の3rdアルバム『加爾基 精液 栗ノ花(カルキ・ザーメン・クリノハナ』の世界観を映像として表現した短編映画。大正から昭和初期の時代を舞台にした本作では、謎めいた影を持つ舞台女優・葛城楓(小雪)と彼女の身元調査を依頼され
1-kakaku.com 2006.12.08 Fri 22:43
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。